夏は日焼けとの戦い!効果的に紫外線をブロックする代表的な方法

日傘

桜の季節が終われば、ここからは夏に向けて徐々に気温が高くなってきますので、それに比例して肌の露出が増えてきます。

そうなってくると心配なのが「日焼け」です。

最近ではさまざまな日焼け対策方法が出ておりますが、代表的なものをこちらでご紹介していきたいと思います。

日傘

日傘は可視光線・紫外線をブロックすることが出来る日焼け対策の代表格といえます。

選ぶ際に注目するポイントとしては、遮光率とUVカット率の2つ。

遮光率とは、可視光線(目に見える光)をどれくらい遮断することが出来るか?という数値になりますが、この数値が高ければ高いほど太陽光を完全ブロックしてくれるということになります。

まぁ、太陽光を浴びることで、日焼けもそうですが単純に「暑い」ということにつながりますので、日傘を買うならここは注目したいところですね。

そしてUVカット率は御存知の通り紫外線をどれくらいカットすることが出来るかを表した数値です。

太陽光をカットしたとしても、紫外線をカット出来なければ日傘をさしてても日焼けしてしまうと本末転倒な感じになってしいますので、こちらも重要です。
※曇の日でも日焼けするというのは紫外線を浴びているのが原因

最近では、UVカット率99.9%や100%のものがありますので、そういったものを選ぶようにしましょう。

なお、日傘は1回買ってしまえばOKというわけではなく、寿命があります。

早いもので1年、長くて3年ほどとなってますので、実際に買われる際はどれくらい持つかをお店の方に確認するようにしましょう。

日焼け止め商品

日焼け止め商品に関しては、最近では以下のような様々な種類が出ており、それぞれ用途や日差しの強さなどに応じて使い分けてる方も多いです。

  • クリームタイプ
  • ミルクタイプ
  • ローションタイプ
  • ジェルタイプ
  • スプレータイプ
  • パウダータイプ

なお、こういった肌に塗るタイプの場合、顔、腕、足など露出の多いところに目が行きがちですが、「手の甲」「首筋」が手薄になってる方も多いので、完璧を目指すならその辺りも重点的に日焼け止め対策を行うことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です