乾燥は美肌の大敵!お風呂上りの乾燥を防ぐ方法

入浴後の乾燥は気になる

1月に入り、冬も本番に入ってきました。
この時期、女性が特に気にしてしまうのはお肌の乾燥ですよね。
実際、多くの女性がお肌の乾燥を気にするタイミングとして「入浴後」を挙げています。

こちらの記事では、入浴後に効果的とされている乾燥対策をご紹介していきたいと思います。

どんな乾燥対策があるの?

まず入浴後に行える乾燥対策として、大きく分けると次の3つがあります。

  • 水分補給
  • 肌の水分を飛ばさない環境作り
  • 保湿剤

水分補給

見逃しがちですが、体内からの水分補給も大切です。
半身浴などで体内の水分が不足している場合、表面を保湿しても内部から水分が奪われていってしまいます。
出来れば、スポーツドリンク等でミネラルも同時に補給できると良いですね。

肌の水分を飛ばさない環境作り

髪の水分を飛ばすためにかけるドライヤー。
髪の毛を守るためには必須ですが、同時に肌の水分も奪ってしまいます。
せっかくの入浴で潤った肌が再び乾燥してしまいます。
ドライヤーをかけるのは、保湿クリームなどでのスキンケアを行ってからにしましょう。

また、加湿器などで部屋の湿度を上げることも重要です。

保湿剤

一般的によく行われている乾燥対策である、クリームやオイルによる保湿。
女性の方のほとんどが行っていると思います。

最適なタイミングは?

保湿剤を塗るタイミングは、入浴後すぐです。
入浴後のお肌はすぐに乾燥を始めてしまいます。そのため、出来るだけ早い保湿が重要になります。
10分以内には保湿をすることが最適とされています。
まだ水滴が残った肌に対して、浴室内で保湿を施してしまうのも良いですね。

ちなみに、フェイスケアの場合は、水分をよくとってからすぐに行うのが良いとされています。

お勧めの保湿剤は?

乾燥が非常に強い人は、シアバターをお勧めします。
ただ、べたつきが気になるという方には、ヘパリン類似物質を配合したクリームをお勧めします。
筆者はシアバターでの保湿を行っていますが、翌日の肌のツッパリ感や乾燥具合が全然違います。
最近はシアバター系の商品が次々と販売されており、身体だけでなく、フェイシャルに使用できるものも出てきています。

逆にトラブルになることもある!?

スキンケアをしているのに、ニキビといった肌トラブルが治らない方、
もしかしたら肌質に合わない保湿を行っているかもしれません。
最近では、美容液に乳液と同等の成分が含まれているため、乳液を付けてしまうと逆に油分過多となり、肌トラブルを引き起こすことがあります。
塗り方を変えるなど、自分に合ったスキンケアを探しましょう。

まとめ

環境作りや水分補給、保湿のタイミングなどに配慮をすることは面倒くさいと思ってしまいます。しかし、慣れてしまえば難しいことではありません。
明日の美肌のために、少しの手間をかけることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です